So-net無料ブログ作成
検索選択

HIV抗体検査・相談件数が減少(医療介護CBニュース)

 2009年のHIV抗体検査数と相談件数が08年と比べて、それぞれ約2万7000件、3万7000件減少したことがこのほど、厚生労働省のエイズ動向委員会の年間報告(速報値)で分かった。2月12日の記者会見で厚労省の担当者は、検査数の減少について危機感を持っているとしたものの、今後については「どのようにするかは検討中」と述べた。

 速報値によると、09年の新たなHIV感染者は1008件、AIDS患者は420件で、いずれも過去最高だった08年の1113件、432件を下回った。
 感染経路は、同性間性的接触が約68%で、異性間性的接触が約21%だった。また、AIDS患者については、同性間が約48%で、異性間が約30%だった。

 保健所などで行われたHIV抗体検査は15万252件(前年17万7156件)、相談は19万3271件(同23万91件)だった。

 岩本愛吉委員長(東大医科学研究所教授)はこれらの減少について、「新型インフルエンザの影響を受けた可能性は否定できない」としている。


【関連記事】
エイズ対策、働き盛り世代にも啓発を−東京都
HIV、AIDS報告の35%が都内に集中
HIV感染、過去最多を更新
患者参加で「患者本位の医療」を実現する
エイズの社会的な理解促進を−東京都

今年度の医療機関の倒産件数、過去最悪を更新(医療介護CBニュース)
献金は「政党シンクタンク」に 経済同友会、企業献金の原則禁止を提言(産経新聞)
核軍縮で共同宣言へ=「非保有国には使用禁止」−日豪(時事通信)
失業保険の給付期間2倍に=元派遣社員の請求認める−労働保険審査会(時事通信)
「首相は平成の脱税王」自民・与謝野氏が批判(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。