So-net無料ブログ作成

<田植え祭>口蹄疫で牛借りられず中学生が代役に 山口・下関 (毎日新聞)

 山口県下関市の住吉神社で16日にあった「御田植祭」で、田植え神事の前にある恒例の「牛の施肥」が、口蹄疫の影響で取りやめになった。県の指導で農家から牛が借りられなかったためという。地元の男子中学生4人が急きょ牛の「代役」を務め、力強く農具を引いた。

 祭りは千数百年前から続く市の伝統行事。例年、県内の畜産農家から牛を借り、田植え神事の前に木製の農具を引かせて水田を耕しているが、今年は農家側から「県の指導があった」と断られた。神社は別の農家にも要請したが、借りられなかったという。

 県は宮崎県での口蹄疫発生を受け、先月末に県内の畜産農家約860戸に「牛の移動を控えるように」と指導。県畜産振興課は「口蹄疫は感染力が強く、リスクを減らすための措置。ただあくまで『指導』であり、最後は各農家の判断だ」と話す。

 「古式にのっとった神事を行えなくて残念です」と神社側は肩を落とした。「牛が登場しない」とのアナウンスに会場は一瞬どよめいたが、生徒たちの頑張りに温かい声援が送られていた。【尾垣和幸】

谷亮子の「五輪、子育て、議員」 「3足のわらじ」に批判相次ぐ(J-CASTニュース)
改革クラブ離党の大江氏、幸福実現党入り(産経新聞)
著作権法違反容疑 仮面ライダーに似たマスク販売 男逮捕(毎日新聞)
死刑執行「当分行われない」 廃止議連・亀井氏が発言(J-CASTニュース)
大胆な財政出動方針、国民新が公約原案(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。